fc2ブログ

東北方面へ紅葉と滝を求めて(その6)

Category : 紅葉
東北方面への撮影ドライブ二日目のラストです。

「中野もみじ山」 を撮影後
≪十和田湖≫へ向かいました。

≪十和田湖≫の子の口から発荷峠へ向かう右回り周回コースは
通行止めとなっていたため、左周りの周回コースで
≪十和田湖≫を半周してきました。
途中で見かけた木々の紅葉は、概ね落葉していましたが、
ところどころでは、まだまだ綺麗な紅葉・黄葉が残っていました。
十和田湖畔 A
十和田湖畔 B十和田湖畔 C

周回路の途中で見下ろした≪十和田湖≫の情景と
湖畔まで下ってきた時に見た美しい逆光の夕景です。
十和田湖畔 D
十和田湖畔 E十和田湖畔 F

十和田湖畔を後にして発荷峠から
今日の車中泊場所として予定していた大湯温泉へ向かう途中で
≪銚子の滝≫へ立ち寄ってきました。

この≪銚子の滝≫へたどり着くのには、こんなエピソードがありました。

夕刻前にと、この滝を目指してカーナビを頼りに車を走らせていたのですが
調べておいた場所を通り越しても看板らしきものが見当たらず
仕方なく細道を切り返しながらUターンしようとしていたら
ミニパトが通りかかり、『どうされましたか?』 と職質を受けました。
『銚子の滝と錦見の滝を探しているのですが・・・』と答えると
『少し手前にありますが、入り路が分かりずらいので
私の後をついて来てくださいね』と滝までわざわざ案内してくれたのです。
都会のお巡りさんとは大違いで、何と親切なお巡りさんなんでしょうか!!
大変有難く、感謝感激でした。 改めて御礼申し上げます。
しかも帰りがけには、『この辺も熊の出没情報があるので、
暗くまで撮影しない方が良いですよ』 と注意までしてくれたというお話です。

そういうことで、案内してもらった≪銚子の滝≫の素敵な景観です。
周囲の紅葉が彩りを副えていて、とても素晴らしい滝でした。
銚子の滝 G
銚子の滝 H銚子の滝 I

銚子滝の下流でも綺麗な紅葉をを見つけました。
銚子の滝 J
銚子の滝 K銚子の滝 L

銚子の滝から戻る途中の下流沿いにあると
教えてもらった≪錦見の滝≫を見つけましたが
薄暗くなった滝の傍に近づき撮影を開始するも、
熊の出没を注意されたため、怯えながら慌てて撮ってきました。
錦見の滝  M
錦見の滝  N

これにて、二日目の写真アップはお終いです。
この日の夜は、大湯温泉にある「道の駅おおゆ」で
温泉に浸かって運転疲れをとり、ゆっくりと車中泊ができました。

いよいよ、次回から三日目の記事をアップいたします。
つづけてご覧いただければ幸いです。


今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>




ブログランキングへ参加しています 。
ブログランキング参加を変更しました。
2つとも応援のクリックをしていただけると励みになりま~す。
 ↓   ↓ 
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

風景・自然ランキング





☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m>
スポンサーサイト



Comment

No title

こんばんは。
車中泊の旅、頑張っていますね。
今回のお気に入りは、Eの写真です。
光芒がとても素敵だなと思いました。

Re: No title

サイカズさん、こんばんは!!
いつもご覧いただき有難うございます。

初めての車中泊の長旅でしたが、頑張って行ってきましたので、
続けてご覧いただければ幸いです。

十和田湖の湖畔に着くと、ちょうど雲の谷間から夕陽の光芒が
下りてきたので、慌ててカメラを取り出して絶景を撮ることが
できました。

嬉しいコメントを有難うございました。
非公開コメント

プロフィール

ビューポイント&ジャイロ

Author:ビューポイント&ジャイロ
                         
四季折々の美しい花や自然風景を見たまま感じたままに撮っています。隔日更新ですので、お気に入りに入れていただき、時々覗いていただけたら幸いです。自然風景だけでなく、マクロやズームで撮った花や野鳥の写真も時々アップしていますので、花や鳥が好きな方にも気に入っていただけると嬉しいですね。

皆様のブログへは勉強のため、じっくりと拝見させていただいておりますが、コメント無しの訪問が多いのでご容赦下さい。また、撮影と更新のタイミングが一ヶ月程ずれておりますので見頃の情報は当てにしないでくださいね。

当ブログの記事は、基本的に前夜に作成した予約投稿でお届けしておりますが、撮影に出かける場合は、まとめて予約投稿をする場合があります。その場合には、いただいたコメントへのお返事が遅くなり、新記事と前後することがありますのでご了承ください。

お気に入りのブログは、勝手にリンク貼らせていただいておりますのでご容赦下さい。当ブログはリンクフリーです。ご連絡をいただければ、こちらからもリンクを貼らせていただきます。

*******撮影機材*******

< 新機材 >
カメラ:OM SYSTEM
  OM-1  (2022.10.20~)
カメラ:OLYMPUS
  OM-D EM-1 MARKⅢ
      (2020.04.26~)
レンズ:OLYMPUS
  ED 12-40㎜ F2.8 PRO
  ED 40-150㎜ F2.8 PRO
  ED 12-100㎜ F4.0 PRO
  ED 100-400㎜ F5.0-6.3 IS
  ED 90mm F3.5 Macro IS PRO
  ED 60㎜ F2.8 Macro
  2 x テレコンバーター MC-20
  1.4x テレコンバーター MC-14
レンズ:Panasonic
  LEICA DG VARIO-ELMARIT
    8-18mm F2.8-4.0 ASPH
三 脚:Velbon Neo Carmagne 635
自由雲台:Markins Q3iTR-BK

< 旧機材 >
カメラ:OLYMPUS
  OM-D EM-1 MARKⅡ
    (2016.12.22 ~ 2022.10.14)
  OM-D EM-1
    (2014.12.20 ~ 2020.03.25)
  E-5、E-620
    (2012.04.26 ~ 2014.11.27)
レンズ:OLYMPUS
  ED 11-22mm F2.8-3.5
  ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD
  ED 50-200mm f2.8-3.5 SWD
  ED 50mm F2.0 Macro
レンズ:SIGMA
  MACRO 150mm F2.8


※当ブログに掲載されている写真・画像の無断転載・複写・引用等の使用・利用はご遠慮ください

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
カテゴリ
藤 (5)
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる