醤油樽の滝を探して(その2)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
≪ 醤油樽の滝 ≫ 探しからのつづきです。

「 1の滝 」 横にある大きな梯子を登ると
上流は素敵な 「 ナメ滝 」 が・・・
醤油樽の滝 A
醤油樽の滝 B

さらに登ると 高さ10mの 「 2 の滝 」 が見えてきました。
醤油樽の滝 C

ここからだんだんと登りが厳しくなってきましたが
この先に 「 醤油樽の滝 」 がありそうな予感・・・

しかし 近くへ行くも
この先に道はなく行き止まりでした。
醤油樽の滝 D醤油樽の滝 E
醤油樽の滝 F
醤油樽の滝 G

ところがここで 先程から歩きづらくなっていることに気付き
足元を見ると 嫌な予感・・・
ギョッ!! 何と左足の登山靴の底が いつの間にか剥がれています!!

しばらく履いていなかった登山靴はもろくなっていたのです。(T_T)
仕方がないので応急処置として靴紐で縛ってみましたが・・・
醤油樽の滝 H

1か所だけ紐で縛っても パカパカして歩きづらい・・・
「 醤油樽の滝 」 へ行くには
少し戻ったところにある丸木橋を渡った左側のロープを伝わって
急斜面を上に登って行くらしいのですが・・・
はたして このカカトの無い靴で登って行けるのか?
醤油樽の滝 I

結局 熟考の末
滑りやすい帰路を考えると 「 醤油樽の滝 」 へ行くのを
ここで断念せざるを得ませんでした。

厚底とカカトの無い靴で 泣く泣く帰路へ・・・
帰りがけに 滝壺付近へは下りられませんでしたが
「 2 の滝 」 を切り撮ってきました。
醤油樽の滝 J

楽しみにご覧いただいた皆様 ごめんなさい!!
目的場所に到達できず申し訳ございませんでした。
m(_ _;)m

お見せできなかった 「 醤油樽の滝 」 をご覧になりたい方は
情報を含め こちらのサイト からご覧くださいね。

悔しい探訪になりましたが
再チャレンジのお楽しみとして残しておきたいと思います。

今回の教訓としては
普段履かない登山靴は事前チェックを十分に行うことと
滑りやすいので足腰を鍛えておかないと ロートルには
一人で行くにはちょっと危険が伴うことを実感しました。



今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>

この後の撮影は 次回につづきます。




ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m
スポンサーサイト

Comment

No title

残念でしたね

でも引き返す勇気は、さすがでした

また行ける楽しみが増えた…
と思えば、何てことありませんよ

Re: No title

れみわさん、こんにちは!
いつもご覧いただき有難うございます。

情けない結末になり、ご期待に添えず申し訳ございませんでした。
踵の無い靴では帰路も心配で、これ以上前に進む勇気がありませんでしたよ。 ^^;
また、チャンスがあれば再チャレンジしたいと思いま~す。

激励の嬉しいコメントをいただき有難うございました。

No title

わーーーーーー!
ほんと素晴らしい写真の数々ですねー!
こういう場所、大好きなんです。
でも三脚背負ってくのキツイっすよねー

Re: No title

onorinbeck さん、こんばんは!
いつもご覧いただき有難うございます。

そうなんですよ~ 景観も良くスリルもあって素敵なところでしたよ。
目的場所には到達できませんでしたが、少しでもお楽しみいただけましたら幸いです。
帰路は三脚が特別に重かったで~す。 ^^;

嬉しいコメントをいただき有難うございました。

No title

残念でしたが、良い決断だったと思います。
そこに行くまでの、ナメ滝も、二の滝も素晴らしいです。
見せて頂けて嬉しいです。
実は私も経験あるのですよ。
山北のほうにハイキングに行った時雨上がりなので滑らないように
登山靴履いていったのです。
めったに履かないので劣化していたのですね。
帰りに電車の中で足元見たら前の部分がぱっくりと開いていました(笑)
ずっと足を内股にしていましたよ(笑)

Re: No title

aunt carrot さん、こんばんは!
いつもご覧いただき有難うございます。

あと一息というところでの断念でしたので、とても悔しかったのですが
山深い渓流に滑り落ちて骨折でもしてしまって、連絡も取れないなんて
可能性もありましたので、結果オーライということでしょうか(笑)

靴が劣化で壊れてしまうような似た経験は、皆さんにも少なからずおありなんですね~
励ましの嬉しいコメントをいただき有難うございました。
非公開コメント

プロフィール

ビューポイント&ジャイロ

Author:ビューポイント&ジャイロ
                         
四季折々の美しい花や自然風景を見たまま感じたままに撮っています。不定期な更新ですが、お気に入りに入れていただき、時々覗いていただけたら幸いです。特にマクロ主体の写真が多いので、花が好きな方にも気に入っていただけると嬉しいですね。

当ブログはリンクフリーです。ご連絡をいただければ、こちらからもリンクを貼らせていただきます。

*******撮影機材*******

< 新機材:2014.12.23 ~ >
カメラ:OLYMPUS OM-D EM-1 MARKⅡ / OM-D EM-1
レンズ:OLYMPUS ED 12-40mm F2.8 PRO / ED 40-150mm F2.8 PRO / ED 12-100mm F4.0 PRO / 1.4x テレコンバーター MC-14 / ED 50mm F2.0 Macro / 11-22mm F2.8-3.5
三 脚:Velbon Neo Carmagne 635
自由雲台:Markins Q3iTR-BK

< 旧機材:2012.04.26 ~ 2014.11.27 >
カメラ:OLYMPUS E-5、E-620
レンズ:OLYMPUS 11-22mm F2.8-3.5 / ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD / ED 50-200mm f2.8-3.5 SWD / ED 50mm F2.0 Macro / SIGMA MACRO 150mm F2.8


※当ブログに掲載されている写真・画像の無断転載・複写・引用等の使用・利用はご遠慮ください

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
藤 (4)
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる