四国ミニ旅行記(その5)

Category : ◇ 旅行・撮影会

北関東地方から東北地方まで 
未曽有の大洪水被害に遭われた皆様方に 
心よりお見舞い申し上げます。

--------------------------------------------------------------


四国ミニ旅行の続きです。

二日目午後から 松山自動車道を一路東方面へ・・・
そして川之江東JCTから高知自動車道で南下し
16:00過ぎにようやく高知市内に入ることできました。

まだ明るいので 『 桂浜 』 へ向かいました。
残念ながら桂浜にある 『 坂本龍馬記念館 』 は
閉館時間に近かったため入れず 桂浜をぶらぶらと散策してきました。

桂浜 A
桂浜 B
桂浜 C
台風の余波で大きな波が押し寄せていました。
その雰囲気を少しでもお届けできたなら良いのですが・・・
桂浜 D桂浜 E
桂浜 F
桂浜 G桂浜 H
桂浜 I

この銅像の顔が本物の坂本龍馬の顔なんだなと・・・じ~っと見てきましたが
NHKの大河ドラマでイケメンの龍馬を見すぎてしまったので 
何~かピンとこないのは私だけでしょうか?  (^▽^笑)
桂浜 J桂浜 K
桂浜 L桂浜 M

************************************************************************************
≪ 桂浜について ≫
高知県を代表する景勝地の一つ。浦戸湾口、龍頭[りゅうず]岬と龍王岬の間に、
弓状にひろがる海岸で、背後に茂り合う松の緑と、海浜の五色の小砂利、
紺碧の海が箱庭のように調和する見事な景勝地。古来より月の名所として知られ、
“月の名所は桂浜……”と「よさこい節」にも唄われている。
東端の龍頭岬に幕末の志士坂本龍馬の銅像が、太平洋の荒波に向かっている。
海浜一帯は「桂浜公園」となっており、公園内には売店が並び、闘犬センターや
水族館がある。また山手には坂本龍馬記念館もある。

(※「高知県の観光情報サイト よさこいネット」より引用)
*************************************************************************************

続けてご覧いただき有難うございます。
最終日の高知市の観光は もう少し続きます・・・





ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

懐かしい!!!

桂浜は小6の修学旅行で一度だけの訪問ですが……懐かしい記憶が残っています。 
銅像の坂本龍馬は帯刀せず懐手のはずですが、懐には銃を忍ばせているとの説明を受けた事。
水族館では群泳する鰹に給餌すると、一斉に水しぶきを上げて飛びつくなど……
子供の頃の記憶は鮮明で~忘れないのを不思議に思います。 
桂浜の浜辺で撮った記念写真もアルバムに残っています。
懐かしい思い出が蘇りました~~有り難うございました!

Re: 懐かしい!!!

ma-fujiさん、こんばんは!

いつもご覧いただき有難うございます。
小6の時に桂浜へ行かれたことを覚えているだけでも凄いと思いますが、
細かいところまで鮮明に覚えておられるのは素晴らしい記憶力ですね~
懐かしく思い出していただけたなら幸いで~す。
嬉しいコメントを有難うございました。

No title

おはようございます。

桂浜は行ったことないので、1度は行ってみたいところです。
そうですね。
竜馬さんも、たくさんテレビ出演されてますが
大河ドラマの竜馬さんは、かっこいいですよね。
私は、仁先生と共演の竜馬さんのイメージが強いです。(笑)

瀬戸内海の穏やかな海と違って、太平洋の海は荒いイメージがあります。
岩にぶつかる波の迫力が伝わってくる、素敵なお写真ですね♪

Re: No title

hitoko さん、おはようございます!
いつもご覧いただき有難うございます。

桂浜へは行かれたことがないそうですが、天候が良ければもっと素敵な
浜辺の景観がお届けできたと思いますが… 

hitoko さんは、仁先生と共演の竜馬さんのイメージが強いようですが、
いろいろな俳優さんが演じられていますので、それぞれ特徴があって面白いですね。

今回はじっくりと観光ができませんでしたが、チャンスがあればまた
訪ねてみたいと思います。

続けての嬉しいコメントに感謝いたします。
有難うございました。
非公開コメント

プロフィール

ビューポイント&ジャイロ

Author:ビューポイント&ジャイロ
                         
四季折々の美しい花や自然風景を見たまま感じたままに撮っています。不定期な更新ですが、お気に入りに入れていただき、時々覗いていただけたら幸いです。特にマクロ主体の写真が多いので、花が好きな方にも気に入っていただけると嬉しいですね。

当ブログはリンクフリーです。ご連絡をいただければ、こちらからもリンクを貼らせていただきます。

*******撮影機材*******

< 新機材:2014.12.23 ~ >
カメラ:OLYMPUS OM-D EM-1 MARKⅡ / OM-D EM-1
レンズ:OLYMPUS ED 12-40mm F2.8 PRO / ED 40-150mm F2.8 PRO / ED 12-100mm F4.0 PRO / 1.4x テレコンバーター MC-14 / ED 50mm F2.0 Macro / 11-22mm F2.8-3.5
三 脚:Velbon Neo Carmagne 635
自由雲台:Markins Q3iTR-BK

< 旧機材:2012.04.26 ~ 2014.11.27 >
カメラ:OLYMPUS E-5、E-620
レンズ:OLYMPUS 11-22mm F2.8-3.5 / ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD / ED 50-200mm f2.8-3.5 SWD / ED 50mm F2.0 Macro / SIGMA MACRO 150mm F2.8


※当ブログに掲載されている写真・画像の無断転載・複写・引用等の使用・利用はご遠慮ください

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
藤 (4)
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる