女神湖から白樺湖へ

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
蓼科大滝からのつづきです。

蓼科大滝を撮影後
ビーナスラインを通って
≪女神湖≫と≪白樺湖≫へ向かいました。

≪女神湖≫へ向かう途中で見つけた美しい紅葉に
思わず車を止め撮ったのが最初の3景です。
ビーナスライン A
ビーナスライン B
ビーナスライン C

久しぶりの≪女神湖≫ですが紅葉の季節は初訪でした。
湖畔の紅葉の色付きも見ごろでしたので
映り込みを楽しむには残念な天候でした。
女神湖 D
女神湖 E
女神湖 F

今回の蓼科方面へのドライブは出発時間が遅かったため
次に立ち寄った≪白樺湖≫が最後となりましたが
湖畔で紅葉と絡んだ景観を探して撮ってきました。
白樺湖 G
白樺湖 H
白樺湖 I
白樺湖 J
白樺湖 K

最後まで日差しには恵まれませんでしたが
日が暮れるまで白樺湖で撮影して帰途につきました。


今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>







ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

 写真(植物・花) ブログランキングへ


☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m
スポンサーサイト

秋の蓼科大滝(その2)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
蓼科大滝からのつづきです。


大滝をじっくりと撮影後
渓流沿いを散策しながら下ってきましたが
紅葉・黄葉がとても綺麗でした。

蓼科大滝 A
蓼科大滝 B
蓼科大滝 C

滝までの遊歩道の途中には
苔むした原生林があり
変わった大樹のオブジェも楽しめました。
蓼科大滝 D
蓼科大滝 E蓼科大滝 F
蓼科大滝 G蓼科大滝 H

茶系の秋彩のなかに
とても可愛い真っ赤なワンポイントを発見!!
蓼科大滝 I
蓼科大滝 J

渓流の上流・下流の雰囲気です。
蓼科大滝 K
蓼科大滝 L

滝周辺の紅葉としては
まだちょっと色づきが早かったようですが
秋の情景を満喫できました。


今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>

蓼科の秋彩は次回もつづきます。







ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

 写真(植物・花) ブログランキングへ


☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m

秋の蓼科大滝(その1)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
10月17日 写友さんと待ち合わせて
蓼科方面へ秋彩を探しに行ってきましたが
今回も晴れの予報に反し 小雨のパラつく一日でした。

≪蓼科大滝≫では 時折傘を差しながらの撮影でしたが
しっとりとした落ち着いた色合いの紅葉を楽しむことができました。

蓼科大滝 A
蓼科大滝 B
蓼科大滝 C蓼科大滝 D
蓼科大滝 E
蓼科大滝 F
蓼科大滝 G
蓼科大滝 H蓼科大滝 I
蓼科大滝 J

今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>


次回へ つづきます。







ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

 写真(植物・花) ブログランキングへ


☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m

乙女の滝と御射鹿池

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
八千穂高原のつづきです。

今まで 八千穂高原へは何度も行っているのですが
八千穂高原の公式HPに載っている
≪乙女の滝≫へは行ったことがありませんでした。

白樺群生地での撮影を終えた後
その≪乙女の滝≫へ行ってみることにしました。

「白駒池」から「白樺群生地」までは割合近いのですが
そこから≪乙女の滝≫は かなり遠かったです。
佐久穂町の西端から群馬県に近い東端まで走った感じでした。

≪乙女の滝≫には 観光客は誰もおらず
通ってきた道路ですれ違う車もほとんど無く
寂しい場所にありましたが
滝までの通路は整備されていて行きやすかったです。

訪ねた滝は大きくはありませんでしたが
ふた筋に分かれ真白な水しぶきを上げて落下する様は
なかなか素敵な景観でした。 
乙女の滝 A
乙女の滝 B乙女の滝 C
乙女の滝 D

誰もいない中を 途中の古谷渓谷を散策しながら
楽しく撮影してきました。
乙女の滝 E
乙女の滝 F乙女の滝 G

乙女の滝へ来た道(メルヘン街道)を戻って
帰宅する途中で≪御射鹿池≫へ立ち寄りました。

いつ行っても素敵な映り込みが楽しめる景観ですが
観光バスが停まれる大きな駐車場ができて観光客が増え
おまけに池の畔へは進入禁止となり
柵の外からの撮影しかできなくなったことが残念です。
乙女の滝 H
乙女の滝 I
乙女の滝 J乙女の滝 K
乙女の滝 L
乙女の滝 M乙女の滝 N

これにて八千穂高原での撮影ドライブは終了です。


今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>







ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

 写真(植物・花) ブログランキングへ


☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m

白駒池(その2)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
白駒池からのつづきです。

霧が完全に無くなった8時過ぎの
池の畔にある白駒荘方面から見た3景です。
曇り空の下 綺麗な紅葉でした。

白駒池 A
白駒池 B
白駒池 C

白駒荘から対岸にある青苔荘へ移動し
もう一つの撮影ポイントから白駒荘方面へ向かって
8時50分過ぎ撮った3景です。

見頃の紅葉も綺麗でしたが
水草に絡んだ映り込みも いい感じでした。
白駒池 D
白駒池 E
白駒池 F

この日は 結局太陽を拝めなさそうだと諦め
苔むす原生林を撮りながら駐車場方面へ戻る途中で
ふと後方を振り返ると なんと池の上空に青空が・・・
あわてて引き返し白駒荘方面から撮ったのが
ラストの一枚です。
白駒池 G

雲の動きが早く 青空はこれ以上広がらず
陽の光も射しそうもなかったので
これにて白駒池の撮影を終えて駐車場まで戻りました。


今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>

次回は 八千穂高原からお届けいたします。







ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

 写真(植物・花) ブログランキングへ


☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m
プロフィール

ビューポイント&ジャイロ

Author:ビューポイント&ジャイロ
                         
四季折々の美しい花や自然風景を見たまま感じたままに撮っています。不定期な更新ですが、お気に入りに入れていただき、時々覗いていただけたら幸いです。特にマクロ主体の写真が多いので、花が好きな方にも気に入っていただけると嬉しいですね。

当ブログはリンクフリーです。ご連絡をいただければ、こちらからもリンクを貼らせていただきます。

*******撮影機材*******

< 新機材:2014.12.23 ~ >
カメラ:OLYMPUS OM-D EM-1 MARKⅡ / OM-D EM-1
レンズ:OLYMPUS ED 12-40mm F2.8 PRO / ED 40-150mm F2.8 PRO / ED 12-100mm F4.0 PRO / 1.4x テレコンバーター MC-14 / ED 50mm F2.0 Macro / 11-22mm F2.8-3.5
三 脚:Velbon Neo Carmagne 635
自由雲台:Markins Q3iTR-BK

< 旧機材:2012.04.26 ~ 2014.11.27 >
カメラ:OLYMPUS E-5、E-620
レンズ:OLYMPUS 11-22mm F2.8-3.5 / ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD / ED 50-200mm f2.8-3.5 SWD / ED 50mm F2.0 Macro / SIGMA MACRO 150mm F2.8


※当ブログに掲載されている写真・画像の無断転載・複写・引用等の使用・利用はご遠慮ください

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
藤 (4)
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる