奥四万湖(その5)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
奥四万湖周辺からのラストです。

夜が明けて朝陽が射し込み始めた奥四万湖の
いろいろな表情と彩りを最後にお届けいたします。
奥四万湖 A
奥四万湖 B

湖のダム近くに朝陽が射し込んできました。
奥四万湖 C
奥四万湖 D奥四万湖 E

浮島の水没林にも朝陽が差し込み
だんだんと新緑が鮮やかになってきました。
奥四万湖 F
奥四万湖 G奥四万湖 H

右側の黒い橋が 夜間から浮島を撮影していた橋で
この場所からだと浮島とセットで見ることができます。
奥四万湖 I

そして その橋から反対側を見た上流の奥の景観です。
上の方にも橋が架かっています。
奥四万湖 J
奥四万湖 K

湖畔に僅かに咲いていたツツジ
そして 四万ブルーに映える新緑が綺麗でした。
奥四万湖 L
奥四万湖 M

最後は まるで南海のサンゴ礁のような景観と見違えるほどの
美しい四万ブルーをお届します。
奥四万湖 N
奥四万湖 O奥四万湖 P

奥四万湖周辺の2018年春の景観を
6回に分けてお届けしましたが
如何でしたでしょうか?


今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>

奥四万湖を後にして
撮影ドライブは 次回につづきます。








ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

 写真(植物・花) ブログランキングへ



☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m 
スポンサーサイト

奥四万湖(その4)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
奥四万湖方面の撮影ドライブのつづきですが
お知らせした通り今日の更新も
予約アップでお届けしています。



夜が明けた5時頃から
次々と各地からのナンバー車が到着し
橋の真ん中に陣取っていた私の両側には
いつの間にか10台近くのカメラの放列が連なり
シャッター音でにぎやかになってきました。

たっぷりと独り占めの朝景を撮ったので
ここで車に戻り 2時間程仮眠して9時半ごろに再起床
軽い朝食をとってから再度浮島方面を撮影し
その後 奥四万湖の奥にある≪しゃくなげの滝≫へ回りました。

朝陽の射し込んできた しゃくなげの滝
左側に咲いていたピンクと白いツツジが彩りを添えていました。

それにもまして 新緑の中を豪快に流れ落ちる
朝陽を浴びて光り輝く真っ白な滝の流れが
新緑に映えて
とても素敵な景観を見せてくれました。

しゃくなげの滝 A
しゃくなげの滝 Bしゃくなげの滝 C
しゃくなげの滝 D
しゃくなげの滝 E
しゃくなげの滝 Fしゃくなげの滝 G
しゃくなげの滝 H

今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>

次回が奥四万湖からのラストです。







ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

 写真(植物・花) ブログランキングへ



☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m 

奥四万湖(その3)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
奥四万湖方面の撮影ドライブのつづきですが
お知らせした通り
予約アップでお届けしています。


最初のシーンは04時32分頃の
ブルーモーメントの時間に撮った奥四万湖の情景ですが
水没林の一部が 明るくなるつれて変化する様を
04時34分から追いかけてみました。
奥四万湖 A
奥四万湖 B
奥四万湖 C奥四万湖 D
奥四万湖 E奥四万湖 F
奥四万湖 G 奥四万湖 H

夜明けと共に 鴨らしき水鳥が
湖岸から水没林に向かって泳ぐ水の軌跡は
素敵な絵になりますね~
奥四万湖 I
奥四万湖 J奥四万湖 K
奥四万湖 L

早朝の奥四万湖の情景は如何でしたでしょうか?


今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>
次回も奥四万湖からお届けいたします。


コメント欄は閉じていませんが
お返事は帰宅後の21日以降になりますので
ご了承願います。







ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ



☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m 

奥四万湖(その2)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
奥四万湖方面の撮影ドライブのつづきです。

30日夜の満月を狙って現地入りしましたが
夕方にはどんよりとした曇り空となってしまったため
綺麗な夕景の撮影は諦め
早めの夕食を摂り 車中で仮眠することに・・・

日頃は夜更かしすることが多く
あまり24時前に寝たことが無いので
19時ごろに寝袋に入ってもなかなか寝つけずにいましたが
酒でも買ってくれば良かった思いながら・・・ウトウトと・・・
何時の間にか寝ていたようです。

スマホの大きなアラーム音で目が覚めたのが午前0時半
遮蔽していた車の窓を開けて空を見ると
天気予報通り 空は快晴 雲一つありません。

やった~!! と喜び勇んでカメラの準備をし
撮影ポイントである橋の真ん中へ・・・

美し~い!!
想像以上のシーンが目の前に!!
独り占めだぁ~~~


誰もいない静寂さがひろがる景色の中
目の前に 満月に照らされた浮島の水没林がありました。

こんなに明るいのに いざ撮影しようとすると
なかなか水没林にピントが合わせずらく
何枚か撮り直しながら何とか撮ってきましたので
0時51分のシーンからご覧ください。
(※ピントの甘さはご容赦願います ^^;)

奥四万湖 A


私の持っている広角レンズは24mm~でしか無く
頭上にある満月と湖面に映る月の両方とも画面に入れることは
縦位置でも無理でしたので 上下2面で撮ってみました。 
奥四万湖 B
奥四万湖 C

橋の中央に 一人きりで待つこと2時間
月が山頂の方へ少し傾きかけてきた02時50分頃
上下の満月が ようやく24mmの画面に入る位置へ・・・
奥四万湖 D
奥四万湖 E

さらに1時間20分後の04時08分
だいぶ月が傾き始めたころ
真っ黒な空がブルーモーメントの美しい空に・・・
奥四万湖 F

さらに進むこと04時30分過ぎ
山の斜面に月が隠れる寸前です。
奥四万湖 G
奥四万湖 H

ご覧いただきましたような希望通りに近いシーンが撮れたことで
念願かなった車中泊撮影旅行となりました。

ただし、夜間撮影のピント合わせについては
もっと勉強する必要性を大いに感じました。

それから、もっと広角なレンズが欲しいな~~と
そんなことを感じた夜間撮影でした。



今日もご覧いただき有難うございました。
<(_ _)>

次回も奥四万湖の朝景がつづきます。



※※※ お知らせです ※※※
明日17日(日)より20日(水)まで出かけますので
18日と20日の更新は予約アップでお届けいたします。
従いまして その間の皆様のところへのご訪問や
コメントへのお返事ができませんので
ご了承のほど宜しくお願いいたします。








ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ



☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m 

奥四万湖(その1)

Category : ◇ 河川・渓谷・滝・湖沼
奥四万湖方面の撮影ドライブのつづきです。

14時半ごろ 本日の撮影目的地である≪奥四万湖≫へ到着。
出発時には晴れ間が出ていましたが
奥四万湖へ着くころには曇り空になっていたため
定番の撮影ポイントからは
美しいコバルトブルーの湖面が見られず
いまいち冴えない景観です。

そして浮島の水没林も 今年は芽吹きが遅いのか?
例年に比べて新緑が濃くありません。

ただし湖の周回コースの真ん中あたりにある
『 稲包せせらぎ公園 』 には
まだ 山桜や八重桜が咲いていて
新緑に彩りを添えていたのがせめてもの救いでした。

奥四万湖 A
奥四万湖 B
奥四万湖 C

周回しながら 少しずつ方角を変えて見ると
少しずつ湖面の色が四万ブルーに・・・
奥四万湖 D奥四万湖 E
奥四万湖 F
奥四万湖 G
奥四万湖 H奥四万湖 I
奥四万湖 J
奥四万湖 K

やはり この湖の青い彩り(四万ブルー)は
何とも言えない魅力的な美しさだと思いますが
如何でしょうか?


ところで今回の一番の撮影目的は
この四万ブルーではなく 4月30日が満月だったため
≪湖面に浮かぶ満月に照らされた新緑の浮島と水没林≫
を撮りたくて 明るいうちに現地入りした次第です。

過去も これに近いシチュエーションを狙って
何回かチャレンジしましたが
天候に恵まれず失敗続きでした。

今回は 天気予報も快晴マークが出ていたため
今年こそは!!と意気込んで来たのですが
予報に反し曇り空となってしまい
今年も危うし!! の状況になってしまいました。

仕方なく早めの夕飯を食べてから
夜中には晴れることを期待するしかなく
夜半まで車中で寝て待つことに・・・

さて この結末はどうなったでしょうか?!
次回のお楽しみに!!







ブログランキングへ参加しています 。
クリックしていただけると励みになりま~す。
   ↓    ↓ 

 写真(風景・自然) ブログランキングへ

 写真(植物・花) ブログランキングへ



☆ サイト内左上の CM : ボタンから感想などコメントがいただけると嬉しいです。
☆ 気に入っていただけましたら拍手のクリックもお願いいたします m(_ _)m 
プロフィール

ビューポイント&ジャイロ

Author:ビューポイント&ジャイロ
                         
四季折々の美しい花や自然風景を見たまま感じたままに撮っています。不定期な更新ですが、お気に入りに入れていただき、時々覗いていただけたら幸いです。特にマクロ主体の写真が多いので、花が好きな方にも気に入っていただけると嬉しいですね。

当ブログはリンクフリーです。ご連絡をいただければ、こちらからもリンクを貼らせていただきます。

*******撮影機材*******

< 新機材:2014.12.23 ~ >
カメラ:OLYMPUS OM-D EM-1 MARKⅡ / OM-D EM-1
レンズ:OLYMPUS ED 12-40mm F2.8 PRO / ED 40-150mm F2.8 PRO / ED 12-100mm F4.0 PRO / 1.4x テレコンバーター MC-14 / ED 50mm F2.0 Macro / 11-22mm F2.8-3.5
三 脚:Velbon Neo Carmagne 635
自由雲台:Markins Q3iTR-BK

< 旧機材:2012.04.26 ~ 2014.11.27 >
カメラ:OLYMPUS E-5、E-620
レンズ:OLYMPUS 11-22mm F2.8-3.5 / ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD / ED 50-200mm f2.8-3.5 SWD / ED 50mm F2.0 Macro / SIGMA MACRO 150mm F2.8


※当ブログに掲載されている写真・画像の無断転載・複写・引用等の使用・利用はご遠慮ください

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
藤 (4)
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる